ブログがまだアップ出来ていませんが、明日(8/27)以降生活が落ち着くので記事アップ再開します!

アメリカ国内での長距離引っ越し!【ローカル業者さんへの問い合わせ・見積額】

アメリカ国内での長距離引っ越し!【ローカル業者さんへの問い合わせ・見積額】

こんにちは!前回は【日系引っ越し業者さんへの問い合わせ】についてご紹介させて頂きました。引っ越し準備は家を決める・業者を決めるところからすでに大変ですがすべて良い経験となるので引き続き頑張りましょう~!

この度は避けれるなら避けたかった、“現地引っ越し業者さんとのやりとり”についての内容をお伝えします。

アメリカ国内引っ越し 現地引っ越し業者について

2022年に引っ越しを行いその際に現地引っ越し業者を利用しました。

まずは見積をとるために、何度も問い合わせページにいきますが、電話番号を入力する欄が必ずあり、入力したら営業の電話がたくさんかかってくるのでは?」と思い、問い合わせすれば見積額が分かることを理解しつつもためらっていました

最終、問い合わせましたが電話をかなり避けることが出来ました!それについてもシェアさせて頂きます♪

口コミ★★★★★の活用

アメリカの西側で主流なレビューサイトといえば?

Yelp!

Googleレビューも個人的にはチェックしてますが皆さんはいかがですか?

良い評価・辛口コメントを読むことが出来てたくさんある引っ越し業者の絞り込みにかなり役に立ちます。但し、一概に★★★だから悪いとも決めつけれないなと感じるときもありますが・・・・。(飲食店で星3つのお店に行きましたが、高評価のお店とかわりない対応でお料理もおいしかったことがあったので)口コミが全てではないと学びました。が、引っ越しは費用もかなりかかるので慎重になってしまうのが人間の性ですね(^-^;

行った絞り込み方法

Yelp!やGoogleでの口コミチェック

気になる引っ越し業者のサイトをチェック

写真掲載があるか、個人か大手かなど確認

その時点で見にくかったり、雰囲気が合わないなと感じたら却下

いざ、問い合わせ

サイトから問い合わせしようとすると必ず電話番号入力が必要でした。何社からも電話がかかってくるのはなぁ~とまだ覚悟が決まらない頃に再度Yelp!をチェックしていました。

便利な機能を発見!!!

ずっと検索するよりもこれを使えばいいんだ!

Yelp!を介し、住んでいる地域の業者さん達へメールで問い合わせが出来る!

≪良かった点≫
●いちいちメールを一件一件作る手間が省ける
●問い合わせ欄入力も一回で済む
●相手からの返信もまずはメールのみで最低限の必要情報を記載してくれる
●自分にあった引っ越し金額の相場を手軽に知ることが出来る

≪気になる点≫
●不特定多数(Yelp!に登録している所からですが)へ連絡がいくので、既に気になる業者を見つけている方にとっては必要ない

個人的には利用してよかったです。

気になる見積額について

Memed_pphoto by Nurrohmad on Pixabay

10社ほどからメール連絡が来たのですが、

$9250
◆ Price range:$11,000.00 – $14,000.00
◆……….. 100% ALL INCLUSIVE flat rate. All the taxes are also already included. Your flat rate would be: $8500 for cash ・payment: $9000 for credit/debit card payment. ・・・・・・・・・・・
◆ Sorry, currently no long distance service
$4250 shared truck

上記のような内容で各社から返信がきました。

アメリカ内に支社をいくつも構えているような大手は$11,000.00~のところで、個人事業主っぽいところはお手頃か長距離サービスを行っていない所が多かったです。また、パックプランでなく、時間数とスタッフ数で費用を提示していた業者さんもいました。

セールスの電話がかかってきたのか?

メールの中に、「是非電話してください!」や「気になることは何でも聞いてくださいね!」等と書かれているだけで特に電話はありませんでした
日数がある程度過ぎてから「その後引っ越し準備や業者決めはどうですか?」とフォローアップのメールをくれた引っ越し業者さんもいました。

どこに決めたの?

●基本的にどの業者さんも以下の点が同じでした。
「パッキングは自分でする」
「ハンガーにかけてある服をつる箱は用意有り」
「家具などに巻くラップみたいなのもある」
「ブランケット用意しています」
「保険込み」

●シェアトラックは候補から外しました。
他の方の荷物と同じになるので、物が無くなりやすい&他人の荷物が紛れ込む率がかなり高いので値段はお手頃でしたが今回は避けました。

●高いところは安心感がありましたが如何せん高いので却下。
日系よりはそれでも安いんですよ!!!

ということで、間の金額提示の所に決定しました!

決めたまではよかったのですが、ギリギリになって不安になる点が多かった引っ越し業者さんでした(^-^; 結果的には上手くいきました!次回の記事にて詳しくご紹介させて頂きます♪(*^^*)♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加しています。是非クリック応援お願いします!